天之児屋命

日本記紀神話における祝詞の祖神。同訓で「天兒屋命」、「天之子八根命」、「天児屋根命」などとも綴る。ただし「あめのこやのみこと」と読むとする説もある。興台産霊神(こごとむすびのかみ)の子で、天照大御神を天岩屋戸(あまのいわやど)から連れ出すために尽力した神の一人。初めて占いを行い、祝詞を奉じた神であり、祝詞、ひいては言霊を司る神とされる。天孫邇邇藝命の降臨に随伴した五伴緒神の一人でもある。神(こごとむすびのかみ)」の子で、天照大御神を天岩屋戸(あまのいわやど)から連れ出すために尽力した神の一人。初めて占いを行い、祝詞を奉じた神であり、祝詞、ひいては言霊を司る神とされ、中臣連の祖神であるとされる。天孫邇邇藝命の降臨に際して随伴した五伴緒神の一人でもある。

ページにリダイレクトします。