アマラ

アメリカ北西沿岸に住むネイティブアメリカンの一部族、ツィムシアン族に伝わる大地の担い手。超巨大な存在で大地を背に担いで回転することによって地球を回している。年に一回アマラの召使いがアヒルの油を筋肉にさすことによって、アマラの重労働は幾らか軽減されているが、アヒルが絶滅し、アヒルの油が採れなくなったとき、アマラは耐え切れず大地を背中から落とし、大地は崩壊してしまうとされる。

ページにリダイレクトします。