アイ・アパエク

ペルーのモチェ文化と、続くチムー文化における、天空神および創造神。天空神の息子とされる場合もある。 モチェでは人間と隔絶し山頂に住む創造神が存在し、この化身であるアイ・アパエク(Ai Apaec)が積極的に人間に関与する役目を担っていたと考えられている。上下二対の剥きでた牙を持ち、蛇の形のベルトを身につけた姿で表された。また蛇の頭の耳飾り、ジャガーの頭飾りをしているときもあった。アイ・アパエク(Ai Apaec)についてはまだ分かってないことも多く、この名称が神名ではなく「創ること」を意味する言葉ではないかとする研究もある。

ページにリダイレクトします。