アフ

ユダヤにおいて怒りと人間の死、処罰を司る天使。名前は「怒り」を意味する。ケゼフ(Kezef)、ハロン・ペオル(Haron-Peor)、ヘマ(Hemah)、マシュヒト(Mashit, Mashith)とともに破壊の天使ともされる。アフとヘマは兄弟の天使であり、二人とも背丈が500パラサング(約2800km)もあったという。 説話によれば、アフはヘマと協力し、モーセを飲み込もうとしたことがある。これはモーセが息子ゲルショムに割礼(=契約の儀式)を施さなかったためだが、モーセの妻チッポラがゲルショムに割礼を施したためモーセをこれを免れ、逆にヘマはモーセに殺されてしまった。

ページにリダイレクトします。