アエグルン

テュアナのアポロニウス(Apollonius of Tyana)が著したとされる「ヌクテメロン(Nuctemeron)」中の「魔術的黄道十二宮に類似する十二の象徴的な時間」を支配する守護霊(Genius)、いわゆる「時間の鬼神(Spirits of Twelve Hours)」の一人。11時の霊の一人で雷光を司る。 11時の霊はアエグルン(Aeglun)を筆頭にズフラス(Zuphlas)(森)、ファルドル(Phaldor)(託宣)、ロサビス(Rosabis)(金属)、アジューカス(Adjuchas)(岩)、ゾファス(Zophas)(五芒星)、ハラコ(Halacho)(哀れみ)と7人がいるがこれらは象徴するものによって関連があるように語られる。つまり雷は森の木に火をともし松明となり、託宣へと導く。金属は形を変えお守りとなり、岩は運ばれ宮殿や神殿に使われ、そこに掲げられた五芒星が意味を持つようになり、それは強力な情を結び哀れみとなると。

ページにリダイレクトします。