インフォメーション

利用上の注意

  • このウェブサイト「神魔精妖名辞典」は神、悪魔、精霊、妖精、妖怪といった架空の存在群の50音順のデータベースを作成することを目的としたサイトです。データの入力順は「管理人の気の赴くまま」です。やけに情報が詳しい場所(アステカとか)と大雑把な場所があるのも管理人の気の赴くまま、だからです。個人での運営なのでこの点はすいませんがご容赦ください。ですが、ここらへんのデータを強化して欲しい、などの要望にはなるべく応えるつもりですので、その場合はBBSなどでご意見をお寄せください。
  • それぞれのデータには表記の揺らぎや、評価の違いが存在します。これは多数多岐にわたる書籍、文献を参考・引用した結果であり、それらのデータから武藤一機の判断によって削られたり、或いは推敲されたりといった箇所が多く存在します。従って多分に間違った表記や評価が存在する可能性があることをご了承下さい。これらの間違いはこのサイトを作成した武藤一機の誤りであり、武藤一機が参考・引用した文献とその著者や発行者とはまったく関係ありません。
  • このサイトは飽くまでも武藤一機が一個人として趣味の延長上で制作したものであり、学術的な研究などの参考資料としてのものではありません。前述したようにこのサイトに掲載されたデータには間違いがある可能性があり、それを了承した上で個人的な趣味の範囲内でこのサイトをご活用ください。このサイトに掲載されているデータを利用することで、いかなる問題が生じたとしても、このサイト、及び管理人武藤一機は一切責任を負いません。
  • このサイトのデータの大部分は文献からの参考や引用によって成り立っています。
  • このサイトは性質上、未だに完成していない工事中の箇所があり、公開はしていますが色々と不備な点があります。ご了承ください。
  • このサイトはあらゆる宗教団体、またそれらに関連した組織や協会などに関係なく、あくまでも中立な立場でサイトを運営します。したがって宗教団体、或いはそれらに類する団体のHP等でこのサイトを紹介したり、リンクしたりする行為を禁じます。

以上のことを踏まえた上でこのサイトを楽しく利用していただければ幸いです。

表記について

五十音順について
各国の言葉が乱在する百科事典形式をとっているので、五十音順に羅列する際、変則的な五十音順方式を採りました。「JIS X 4061」と異なり長音「ー」を省いて羅列する形式です。(例:「アーク」は「アァク」ではなく「アク」として考えるので「アイ」より後にくる)
オリジナルネームのわからないもの
ネイティブアメリカンや南米神話などにはその神の神格などがわかっていながらも、今日までにそのオリジナルネームが伝わっていない神や精霊などが多数存在します。こういった場合、民俗学者などに用いられている代替名を索引に用いました。(例:"第I神"、"大地を作った者"など) また、ネイティブアメリカン神話については、英語名より、それを日本語に直した言葉を優先させて載せました。(例:ホワイトペインテッド・ウーマン White-Painted Woman→"白塗りの女") その上で、英語名も準索引名として載せました。
日本の妖怪や神のスペル表記
これらには、スペルにローマ字表記や音訳表記などを用いず、ひらがなを表記しました。またその名前がひらがなであった場合スペル欄は省略しました。
日本記紀神話の神名表記
「古事記」、「日本書紀」の両記紀に記載されている神の場合、例外を除き「古事記」の名称(表記)を優先しました。通俗的な名称があった場合はそちらを優先しました。
冠詞の表記
架空存在の中には冠詞をつけないと名前としての意味を持たない場合があるのでなるべく省略しないでこれを表記しました(例:エル・クエレブレ(El Cuelebre,“El”はスペイン語の男性名詞に対する冠詞))。ただし英語の場合はカタカナでの表記を省略し、名詞自体の頭文字で索引に並べました(例:ダストマン The Dustman)。
中国の神や怪物たちについての表記
中国の架空存在は、項目名を漢字の日本読み(例えば、「玉皇大帝」は「ユーファンダーディ」ではなく「ぎょくこうたいてい」)で載せました。また、わかる限り中国での発音を北京語ローマ字表記でスペル欄に示しました。参考文献に発音表記または英語スペルが載っている場合、これも載せました。
別名について
別名で呼ばれる場合にその性格が極端に異なる場合(例:地蔵菩薩とクシティガルパ)についてはどちらにも説明を載せました。純粋に別名であり、同一の神格をさしている場合(例:東岳太帝と泰山府君)は、一方を準索引にしました。
文字コードについて
このサイトはUTF-8にて記述しています。UTF-8に対応していないフォントで表示させた場合、文字が正確に表示できない可能性があります。また、いくつかの文字はU+10000以上の文字であり、フォント、OS、ブラウザの組み合わせによっては表示できない可能性があります。
異体字セレクタについて
幾つかの文字の字形は異体字セレクタの範囲に含まれていますが、多くのブラウザが異体字セレクタに対応していない都合上、言語属性(lang="~")の変更やCSSのfont-feature-settingsプロパティによって字形を表示している場合があります。
この場合正確な字体ではない字体が表示される場合もあります。
その他の表記
スペル、或いはローマ字での表記が困難、あるいは判明しないものに対しては、それを省略しました。また、日本で紹介されたことない神、精霊などについては英字などから推定される発音を管理者が独断でカタカナに直しました。