アステカ神話付表

五つの太陽

アステカの創世神話では現在の世界になるまでに4つの太陽の世界が創世され、滅んだとされている。つまり現在の世界は5つ目の世界となるわけだが、それぞれはその太陽を支配する神と同様の属性を持ち、それが原因となって滅んでいる。従って現在の世界も地震によって滅びると予言されている。

五つの太陽、神とその結末
1:ジャガーの太陽
ナウィ・オセロトル
Nahui Ocelotl/4のジャガー
テスカトリポカ 巨人 ケツァルコアトルがジャガーに巨人を食べさせてしまった。
2:風の太陽
ナウィ・エヘカトル
Nahui Ehecatl/4の風
ケツァルコアトル (今とは違う)人類 風で太陽が破壊され、人類は猿に変えられてしまった。
3:雨の太陽
ナウィ・キアウィトル
Nahui Quiahuitl/4の雨
トラロック (今とは違う)人類 火の雨で太陽が破壊され、人類は鳥に変えられてしまった。
4:水の太陽
ナウィ・アトル
Nahui Atl/4の水
チャルチウィトリクエ (今とは違う)人類 洪水で太陽が破壊され、人類は魚に変えられてしまった。
5:地震の太陽
ナウィ・オリン
Nahui Ollin/4の地震/動き
トナティウ 現在の人類 地震によって滅びる

アステカの暦法

アステカでは260日暦、365日暦、584日暦の三つの暦が使われていた。
260日暦は「トナルポワリ(Tonalpohualli)」と呼ばれ、おそらく元は産婆が出産日を計算するためのものだったのではないかと考えられている(月経が止まったときから出産までの約9ヶ月に相当する)。この暦は20個の名前のシンボルと13個の数字の組み合わせで260日を数える。
365日暦は「シウトル(Xíutl)」と呼ばれ18ヶ月の暦月たる名前と各月に20の暦日を持っている。この月のことを考古学者たちは、便宜上「ベインテーナ(The Veintanas=スペイン語)」と呼んでいる。18ヶ月×20日=360日となり、太陽年に5日だけ足りないが、この5日間は18ヶ月が終わった最後に名前の無い期間「ネモンテミ(Nemontemi)」として設けられ、不吉な期間とされた。
584日暦は金星の周期である。

260日暦は祭事暦であり、とくに重要視された。また、260日暦と365日暦は52年に一度合致し、その年は「シウモルピリ(Xiuhmolpilli)」と呼ばれ一つのサイクルとみなされた。シウモルピリの年には「トシウモルピリア(Toxiuhmolpilia)」と呼ばれる盛大な再生儀式が行われた。
また金星の周期である584日は5回繰り返すと365日暦の8年と合致するため、やはり8年ごとに「アタマルクアリストリ(Atamalcualiztli)」と呼ばれる儀礼が行われた。
さらに260日暦、365日暦、584日暦の三つの暦は104年に一回合致する。この年は「ウエウエチリストリ(Huehuetiliztli)」と呼ばれた。

センポワリ(Cenpohualli)
01:シパクトリ(Cipactli) ワニ トナカテクートリ
02:エヘカトル(Éhecatl) ケツァルコアトル
03:カリ(Calli) テペヨロートリ 西
04:クェツパリン(Cuetzpallin) トカゲ ウエウエコヨトル
05:コアトル(Cóatl) チャルチウィトリクエ
06:ミキストリ(Miquiztli) テクシステカトル/メストリ
07:マサトル(Mazatl) シカ トラロック 西
08:トチトリ(Tochtli) ウサギ マヤウェル
09:アトル(Atl) シウテクートリ
10:イツクイントリ(Itzcuintli) ミクトランテクートリ
11:オソマトリ(Ozomatli) ショチピリ 中性 西
12:マリナリ(Malinalli) パテカトル
13:アカトル(Ácatl) テスカトリポカ/イツトラコリウキ
14:オセロトル(Océlotl) ジャガー トラソルテオトル
15:クアウートリ(Cuauhutli) ワシ シペ・トテック 西
16:コスカクアウートリ(Cozcacuauhtli) ハゲタカ イツパパロトル
17:オリン(Ollin) 動き・地震 ショロトル 中性
18:テクパトル(Técpatl) 火打石のナイフ テスカトリポカ/チャルチウトトリン
19:キアウィトル(Quiáhuitl) トナティウ/チャンティコ 西
20:ショチトル(Xóchitl) ショチケツァル 中性

トナルポワリに使われる20の絵文字(センポワリ)の順番と神との相対関係。

トレセーナ(The Trecenas)
01:シパクトリオメテオトル
02:オセロトルケツァツコアトル
03:マサトルテペヨロートリ
04:ショチトルウエウエコアトル
05:アカトルチャルチウィトリクエ
06:ミキストリトナティウ
07:キアウィトルトラロック
08:マリナリマヤウェル
09:コアトルシウテクートリ
10:テクパトルミクトランテクートリ
11:オソマトリパテカトル
12:クェツパリンイツトラコリウキ
13:オリントラソルテオトル
14:イツクイントリシペ・トテック
15:カリイツパパロトル
16:コスカクアウートリショロトル
17:アトルチャルチウトトリン
18:エヘカトルチャンティコ
19:クアウートリショチケツァル
20:トチトリシウテクートリ

各トレセーナとその守護神。

トナルポワリ上の祝祭日
0033のカリ"火の神"の日
01313のアカトル暦上の太陽の日
0141のオセロトルシペ・トテックの暦上の呼称
0174のオリンアステカ創世神話の第5の太陽の日
0207のショチトル太陽の日
0229のエヘカトル"四方位からの風"の日
02310のカリエヘカトルの神話上の生誕日
02613のミキストリ"死の神"の日
0271のマサトル"創造神"の日
0282のトチトリセンツォントチティンないし テポステカトルの暦上の通称
0337のアカトルテノチティトランの主神殿の建設記念日
0348のオセロトルテペヨロートリの神話上の生誕日
03812のテクパトル"大地ないし死の神"の日
0401のショチトルシンテオトルの日
0434のカリミクトランテクートリの日
05112のオソマトリウエウエコヨトルの日
0531のアカトルケツァルコアトルの神話上の生誕日
0619のシパクトリミクテカシワトルの日
0661のミキストリテスカトリポカの日
0694のアトルアステカ創世神話の第4の太陽の日
0705のイツクイントリミクトランテクートリの日
0716のオソマトリテクシステカトルの日
0749のオセロトルトラロックの暦上の呼称
0802のショチトル商人の祝祭日
0824のエヘカトルアステカ創世神話の第2の太陽の日
ショロトルの日
0835のカリ"チャンティコの夫"の日
0846のクェツパリンミクトランテクートリの日
0857のコアトルチコメコアトルの日
0921のマリナリトラソルテオトルの日
0932のアカトルケツァルコアトルの神話上の命日
オマカトルの暦上の呼称
0987のテクパトルチコメコアトルの日
1128のマリナリコアトリクエの日
1181のテクパトルウィツィロポチトリの暦上の呼称
1214のシパクトリシウテクトリの日
1236のカリミクトランテクートリの日
13013のイツクイントリトラウィスカルパンテクートリの日
1311のオソマトリ"シワピピルティンの一人"の日
1344のオセロトルアステカ創世神話の第1の太陽の日
1388のテクパトルマゲイ(プルケ)の日
1399のキアウィトルトラロックの日
14010のショチトル"都市ウアステペックの戦神"の日
1441のクェツパリンイツトラコリウキの暦上の呼称
1474のマサトルイツトラコリウキの日
1571のオリンショロトルの日
1637のカリ商人にとっての吉日
1701のイツクイントリシウテクトリの日
1712のオソマトリ商人の祭日
1745のオセロトルトラロックの日
"羽細工職人の守護神"の日
1831のカリ"シワテテオの一人"の日
1875のマサトルショロトルの日
1919のオソマトリイツパパロトルの日
1994のキアウィトルアステカ創世神話の第3の太陽の日
2005のショチトルマクウィルショチトルの日
2016のシパクトリトラソルテオトルの日
2027のエヘカトルケツァルコアトルによる人類創造の日
2038のカリマセウアル(アステカ平民)が創造された年のイヤーベアラー
2091のアトルチャルチウィトリクエの日
2221のエヘカトルケツァルコアトルの日
2232のカリショロトルの日
2265のミキストリトナティウないしショチピリの日
2287のトチトリコアトリクエの日
2309のイツクイントリチャンティコの日
23413のオセロトルコアトリクエの日
2384のテクパトルテクシステカトルの日
2395のキアウィトルテクシステカトルの日
2481のトチトリマヤウェルの暦上の呼称

トナルポワリ上の特定の日に設定された祭日。固有名が分かっていない神の祭日はカギ括弧付で示した。

(※)数字は「1のシパクトリ」から数えた日数。

ベインテーナ(The Veintanas)
01 シウテクートリ
イスカリ
Izcalli/復活
別称
ショチトカ
Xochitoca/植物・花
ショチイルウィトル
Xóchilhuitl/花祭りの日
ウアウーキルタマルクアリストリ
Huauhquiltamalcualiztli/タマーレスを食べる
ピラウアナリストリ
Pillahuanaliztli/子供達の酩酊
02 トラロック
チャルチウィトリクエ
ケツァルコアトル(エヘカトル)
アトルカワロ
Atlcahualo/水を残す
別称
クアウーウィトレウア
Cuauhitleua/ポールを立てること
シロマナリストリ
Xilomanaliztli/若いメイズ
トウモロコシ)を捧げること
03 シペ・トテック
トラカシペウアリストリ
Tlacaxipehualixtli/人間の皮を剥ぐ
04 トラロック
チャルチウィトリクエ
センテオトル
チコメコアトル
トソストントリ
Tozoztontli/短い見張り
別称
ショチマナロ
Xochimanalo/献花
05 センテオトル
チコメコアトル
トラロック
ウエイトソストリ
Hueytozoztli/偉大な見張り
06 テスカトリポカ
トシュカトル
Tóxcatl/渇いたもの
別称
テポポチトリ
Tepopochtli/ほとんど湿気のない丘
07 トラロック
チャルチウィトリクエ
エツァルアリストリ
Etzalcualiztli/メイズと豆の食事
08 ウィシュトシワトル
テクイルウィトントリ
Tecuilhuitontli/神々の小さな祝祭
09 シローネン
シワコアトル
ウエイテクイルウィトル
Hueytecuilhuitl/神々の大祭
10 ウィツィロポチトリ
テスカトリポカ
ミカイルウィトントリ
Miccailhuitlontli/死者の小さな祝祭
別称
トラショチマコ
Tlaxochimaco/花を渡すこと
11 シウテクートリ
ヤカテクートリ
ウエイミカイルウィトル
Hueymiccailhuitl/死者の大祭
別称
ショコトルウェッツィ
Xocotlhuetzi/花を渡すこと
12 テテオインナン=トシ
チコメコアトル
オチュパニストリ
Ochpanitztli/道を掃く
別称
テナウアティリストリ
Tenahuatiliztli/綺麗に片付けること
13 ウィツィロポチトリ
テスカトリポカ
ヤカテクートリ
パチトントリ
Pachtontli/少量の干草
別称
エコストリ
Ecoztli/血を捧げること
テオトレコ
Teotleco/神々の来訪
14 トラロック
テピクトトン
ウエイパチュトリ
Hueypachtli/沢山の干草
別称
ピラウアナ
Pillahuana/子供達が飲む
テペイルウィトル
Tepeilhuitl/山の祭儀
15 ミシュコアトル
カマシュトリ
ケチョリ
Quecholli/貴重な羽根
別称
トラコケチョリ
Tlacoquecholli/ケチョリの半分
トラミケチョリ
Tlamiquecholli/山の祭儀
16 ウィツィロポチトリ
パンケツァリストリ
Panquetzaliztli/旗を掲げる
17 トラロック
アテモストリ
Atemoztli/雨が降る
18 イラマテクートリ
ティティトル
Tititl/縮んだもの
(19)
ネモンテミ
Nemontemi/不必要なもの

365日暦における各暦月の名前と、その月に祀られる神。

365日からなる太陽暦シウトル(Xíhutl)の間に、18通りある20日間の暦月に祝祭と宗教的儀礼を考古学者は便宜的にベインテーナと呼んでいる。それぞれの月に祀る神は決まっていた。20日間18月で360日となり、残りの5日間は不吉な日であり、ネモンテミと呼ばれた。しかし、この365日暦は閏日が無いため、移動祭日や農耕祭などの定期的修正を必要とした。

各年は第18月の末日のセンポワリの名前が付けられた(つまり、「1のアカトルの年」などと呼ばれた)。この年を担ぐセンポワリを「イヤーベアラー」と呼び、カリ、トチトリ、アカトル、テクパトルがそれにあたる。

トナルテウクティン(Tonalteuctin/昼の神々)
01 シウテクートリ
ウエウエテオトル
青い蜂鳥
02 トラルテクートリ 緑の蜂鳥
03 チャルチウィトリクエ
04 トナティウ ウズラ
05 トラソルテオトル
06 テオヤオミキ
ミクトランテクートリ
メンフクロウ
07 ショチピリ=シンテオトル
08 トラロック
09 ケツァルコアトル 七面鳥
10 テスカトリポカ ミミズク
11 ミクトランテクートリ
チャルメカテクートリ
コウンゴウインコ
12 トラウィスカルパンテクートリ ケツァル
13 イラマテクートリ オウム

昼の時刻と関連する神、及び飛翔動物の相対関係と順番

ヨワルテウクティン(Yohualteuctin/夜の神々)
01 シウテクートリ/ウエウエテオトル
02 イツトリ
03 ピルツィンテクートリ=トナティウ
ピルツィンテクートリ=ショチピリ
04 センテオトル
05 ミクトランテクートリ
06 チャルチウィトリクエ
07 トラソルテオトル
08 テペヨロートリ=テスカトリポカ
09 トラロック

夜の時刻と関連する神、吉凶の相対関係と順番