ズー

Zu

地域・カテゴリ

説明

メソポタミア神話における、神々の王権の簒奪者にして嵐の鳥。シュメールにおいては「アンズー(Anzu)」と呼ばれた。ライオンの頭を持った猛禽類の鳥の姿、あるいは下半身が鷲で上半身がヒゲの男の姿をしている。ズーは神々の神殿の門番をしていたが、邪心を起こし、世界の至高の支配者である証で、それ自体に神々と生物の天命を決める力のある書版「トゥプシマティ」を主神エンリルから奪い取った。しかし、「トゥプシマティをズーから奪い取った者を神々の王とする」という最高神アヌの命によってエンリルの息子ニヌルタとそれに協力した神々の前に敗れ去りトゥプシマティを奪われた。その時に翼と首を切り裂かれ殺されたとも、また神殿の門番に戻されたともされている。ただしトゥプシマティを回収したのはマルドゥークだとする伝承もある。

キーワード

この項目のリッチレイアウト

ズー

ソーシャルリンク