カムイ

地域・カテゴリ

説明

アイヌにおいて鹿の主とされたカムイ。名前は「魚の主のカムイ」の意。「ユカッテカムイ」とも呼ばれる。北海道において代表的な動物であり、またあまりにも多く生息していた鹿(ユ)は、カムイの顕現体として考えられることは無かったが(鹿の少ない宗谷地方の人々だけカムイを想定した)。しかし、鮭の主のカムイ(チェプコカムイ)と同じく、鹿の数そのものにはアイヌ人も感銘を受けたらしく、人間に鹿を贈る鹿の主のカムイが想定された。それがカムイないしユカッテカムイである。神謡では、やはりチェプコカムイと同じようにユカムイの口よりこぼれた毛を撒くと鹿の群れとなるという。

キーワード

この項目のリッチレイアウト

カムイ

ソーシャルリンク