葉衣観音(ようえかんのん)

Parṇaśavarī

地域・カテゴリ

説明

仏教において観音菩薩の変化身、いわゆる変化観音の一つ。サンスクリット名を「パルナシャヴァリー(Parṇaśavarī)」と称し、パルナは「葉」、シャバリーは「シャバラ(Śabara)族の女」、「蛮族の女」を意味する。これを意味訳して「葉衣観音」、「被葉衣観音(ひようえかんのん)」、「被葉衣観自在(ひようえかんじざい)」、「被葉衣菩薩(ひようえぼさつ)」などと呼ぶほか、音写で「鉢蘭那賒嚩哩(はらなしゃばり)」とも称する。護身・護宅・護国の功徳があり、「葉衣鎮宅法」に拠れば「一回唱えれば自信を護り、二回唱えれば伴侶を護り、三回唱えれば一家を護り、四回唱えれば一家聚楽(集落のこと)を護り、五回唱えれば一国を護る」という。胎蔵界曼荼羅の観音院に描かれるほか、三十三観音の一尊としても知られる。

画像一覧

葉衣

「諸尊図像鈔」より
国立国会図書館蔵
Copyright: public domain

被葉衣菩薩

国訳秘密儀軌編纂局 編
「新纂仏像図鑑 地之巻」より
国立国会図書館蔵
Copyright: public domain

被葉衣菩薩

国訳秘密儀軌編纂局 編
「新纂仏像図鑑 地之巻」より
国立国会図書館蔵
Copyright: public domain

キーワード

この項目のリッチレイアウト

葉衣観音(ようえかんのん)

ソーシャルリンク