万幡豊秋津師比売命

よろずはたとよあきづしひめのみこと

地域・カテゴリ

説明

日本記紀神話に登場する女神。古事記では「万幡豊秋津師比売命」、日本書紀では「𣑥幡千千姫(たくはたちぢひめ)」の名で記載されている。天之忍穂耳命の妻であり、天孫邇邇藝命を生んだ。古事記では高御産巣日神の子とされている。「万(よろず)」や別名の「千千(ちぢ)」は「数多く」の意、「幡(はた)」は「機織(はたおり)」の機のことで、数多くの機を織る神、つまり神殿の側に設置される「機殿」で神事に関わる布帛を織る機織女(はたおりめ)を神格化した存在だと考えられる。

関連項目

この項目のリッチレイアウト

万幡豊秋津師比売命

ソーシャルリンク