夜叉(やしゃ)

Yakṣa

地域・カテゴリ

説明

インド神話のヤクシャが仏教に取り入れれたもの。固有名ではなく集団名である。「薬叉(やくしゃ)」とも称する。天竜八部の一。元々は害を成す種族だったが、仏教では仏法を守る存在として信仰される。羅刹と共に毘沙門天の眷属であり、諸天の守護神となり、北方を護るという。金剛夜叉明王鬼子母神増長天、毘沙門天といった神はすべて夜叉の一族に属しているとされる。

関連項目

キーワード

この項目のリッチレイアウト

夜叉(やしゃ)

ソーシャルリンク