薬上菩薩(やくじょうぼさつ)

Bhaiṣajyasamudgata

地域・カテゴリ

説明

仏教における菩薩の一尊。サンスクリット名を「バイシャジャサムドガタ(Bhaiṣajyasamudgata)」といい、バイシャジャは「薬」、サムドガタは「立ち上がる」と訳せるため「薬上菩薩」と呼ばれる。また「超薬菩薩(ちょうやくぼさつ)」の名でも呼ばれる。元々は「電光明(でんこうみょう)」という名の長者であり、兄である「星宿光(しょうしゅくこう)」とともに日蔵比丘の説法に歓喜し、種々の薬を衆生に施した功徳をもって、兄は薬王菩薩に、弟である電光明は薬上菩薩になったとされる。それぞれ来世に成仏し「浄眼如来(じょうげんにょらい)」、「浄蔵如来(じょうぞうにょらい)」になるとされている。薬師八菩薩、および二十五菩薩の一尊に数えられる。

画像一覧

藥上菩薩

国訳秘密儀軌編纂局 編
「新纂仏像図鑑 地之巻」より
国立国会図書館蔵
Copyright: public domain

キーワード

この項目のリッチレイアウト

薬上菩薩(やくじょうぼさつ)

ソーシャルリンク