若山咋神

わかやまくいのかみ

地域・カテゴリ

説明

「古事記」において羽山戸神大宜都比売との間に生まれた八柱の御子神のうち第一子とされる神。「若山咋命(わかやまくいのみこと)」とも呼ばれる。名前は大山咋神に対比するもので、大山咋神は伯父にあたる。熊本県熊本市東区健軍本町にある「健軍神社(けんぐんじんじゃ)」の境内社である「日吉神社(ひえじんじゃ)」に大山咋神とともに、宗像大社の辺津宮の末社である「松尾神社(まつおじんじゃ)」では大山咋神、市寸島比売命とともに祀られる。また奈良県奈良市法蓮町にある式内社「狭岡神社(さおかじんじゃ)」は羽山戸神の御子神八柱を合わせて祀っている。

関連項目

この項目のリッチレイアウト

若山咋神

ソーシャルリンク