和加宇加乃売神

わかうかのめのかみ

地域・カテゴリ

説明

日本の神道において穀物を司る女神の一人。同訓で「稚宇賀能売神」、「若宇迦売神」と表記するほか、「若宇加乃売命神(わかうかのめのみこと)」、「若宇迦売命(わかうかのめのみこと)」とも呼ばれる。宇迦之御魂神豊宇気毘売神と同体とされ、各地の稲荷神社において祭神として祀られる(→稲荷神)が、「若」という美称がつけられていることから他の穀物神とは区別されていた可能性もある。「延喜式」神名帳には「廣瀬坐和加宇加乃売命(ひろせにますわかうかのめのみこと)神社」という神社が記載されているが、これは奈良県北葛城郡河合町川合に現在もある「廣瀬大社(ひろせたいしゃ)」のことで、現在も主祭神を和加宇加乃売神とする。

キーワード

この項目のリッチレイアウト

和加宇加乃売神

ソーシャルリンク