ヴォフ・マノ

Vohu Mano

地域・カテゴリ

説明

古代ペルシア神話におけるアメサ・スペンタ(聖なる不死者)の一人。「ウォフ・マナフ(Vohu Manah)」の名でも知られる。またマニ教徒には「ワフマン(Wahman)」として知られる。語義は「良き思い」、「善の霊」。ゾロアスターの宗教改革以前の時代に崇拝されていた神だと考えられている。他のアメサ・スペンタとともに唯一神霊アフラ・マズダの持つ様々な顔の一つだとされ、絶対悪アンラ・マンユに対立する。アメサ・スペンタの筆頭スプンタ・マンユに次ぐ高位の存在とされた(第一位とされる場合もある)。ヴォフ・マノは自分の霊をアフラ・マズダに移すことにより、自らの霊的な進化を果たしたといわれる。ヴォフ・マノは有益な動物(特に牛)を治める役割を担っており、雌牛の姿で表されることが多い。

キーワード

この項目のリッチレイアウト

ヴォフ・マノ

ソーシャルリンク