ヴィーラバドラ

Vīrabhadra, Virabhadra

地域・カテゴリ

説明

インド神話に登場する、シヴァが生み出したとされる恐るべき怪物。名前は「賞賛すべき戦士」といった意味を持つ。シヴァがサティーと結婚したとき、サティーの父親であるダクシャはシヴァを卑しい神だと差別し、大事な祭りにシヴァを呼ばなかった。サティーはこれを嘆き聖なる火に身を投じて死んでしまった。シヴァは怒り狂い、1000個の目と足と腕を持ち、わき腹から角の出た巨人、ヴィーラバドラを産みだした。ヴィーラバドラは神々を震え上がらせ混乱させた(シヴァ自身が暴れまわったとする伝承もある)。

また別の伝説ではシヴァの従者として登場し、「ニーラ(Nīla)」という魔神を退治している。

この項目のリッチレイアウト

ヴィーラバドラ

ソーシャルリンク