ヴァーユ

Vāyu

地域・カテゴリ

説明

インド神話における風と雷の神で猿神ハヌマーンの父親。(ときにインドラを御者とした)多数の駿馬の引く光り輝く馬車に乗っているとされる。ヴァーユの馬車が通るとすさまじい風と雷の音が響き、その雷は天に達すれば暁が起こり、地に達すれば砂塵を巻き上げるとされた。ヴァーユの姿は人には見えず、ただ轟音だけが通り過ぎ去るのみである。ヴァーユがどうやって生まれたのかは誰も知らないことになっている(しかし原初の巨人プルシャの息から生まれたとする神話もある)。また現在のスリランカにあたるランカー島はヴァーユがメール山(スメール山ともいう。日本仏教でいう須弥山)の頂上部分を吹き飛ばして作ったものだとする神話もある。後世のヒンドゥー教では北西の方角と風を司る神とされた。仏教にも取り込まれ、漢訳で「風天(ふうてん)」と称される。

関連項目

キーワード

この項目のリッチレイアウト

ヴァーユ

ソーシャルリンク