ウゥルカヌス

Vulcanus, Vulcan

地域・カテゴリ

説明

ローマにおける火と鍛冶、炉の神。シチリア島のエトナ山はウゥルカヌスの鍛冶場のある場所とされていた。イタリアのサビニ人に信仰されていたと考えられている。毎年8月23日には、魚や小動物を火の中に投げ入れるウゥルカヌスの祭礼「ウゥルカナリア」があった。共に家庭の炉の神であるマイアヴェスタに関連があった。ギリシア神話のヘパイトスに相当する。

関連項目

キーワード

この項目のリッチレイアウト

ウゥルカヌス

ソーシャルリンク