烏倶婆誐童子

うぐはぎゃどうじ

地域・カテゴリ

説明

「うぐはかどうじ」とも読む。仏教において不動明王の眷属である八大童子の一尊。「憂丘婆丘(うくはく)」とも称する。「烏倶婆誐(うぐはぎゃ)」とは「ウグラバガ(Ugra-bhaga)」の音写で「強敵」や「凶暴な者」などを意味する。「八大童子秘要法品」に拠れば、金剛波羅蜜すなわち菩提心から生じた使者とされる。金色の身色で五股冠を頂いた暴悪の形相で、右手に三鈷杵を持ち左手で拳印を作った姿で表される。

画像一覧

烏倶婆誐童子

国訳秘密儀軌編纂局 編
「新纂仏像図鑑 地之巻」より
国立国会図書館蔵
Copyright: public domain

キーワード

この項目のリッチレイアウト

烏倶婆誐童子

ソーシャルリンク