チャンドラ

Chandra, Candra

地域・カテゴリ

説明

インド神話において月を司る神で「ナヴァグラハ(Navagraha=九曜)」の一人。名前は「輝き」を意味する。酒の神であるソーマと同一視される。浮気者の神であり、ダクシャの娘である27の星座「ナクシャトラ(Nakṣatra)」(これらの星座は白道上にある星座、いわゆる月宿である) と結婚しているにも関わらず、木星の神ブリハスパティの妻であるターラーを誘惑して水星の神ブダを生ませた。

仏教においては月に関連する月天の元となった。

関連項目

キーワード

参考文献

  • 02東洋神名辞典 DICTIONARY OF DETIES AND DEVINES
    • 監修:山北篤
    • 著者:桂令夫、草野巧、久保田悠羅、他
    • 発行者:高松謙二
    • 発行所:株式会社新紀元社

この項目のリッチレイアウト

チャンドラ

ソーシャルリンク