ツァンパ

Tshangs pa, Tsangpa

地域・カテゴリ

説明

チベット仏教におけるブラフマー(=梵天)でダクシェの一人。名前は「完全な者」、「純粋な者」といった意味であり、ブラフマーの訳語として使用される前からチベット土着の「ツァンパ」と呼ばれる神がいたと考えられている。実際チベット土着の宗教であるボン教では「ギェルポ・ツァンパ(ギェルポは"王"や"支配者"を意味する)」という神がいる。方位の守護神としての(つまり八方天や十方天としての)ツァンパは、チベットでもインド由来の姿であるガチョウに乗る四面二臂ないし四臂の姿で描かれるが、単独の護法神として描かれる場合は「ツァンパ・カルポ(Tshangs pa dkar po, Tsangpa karpo)="白いツァンパ"」と呼ばれる姿で描かれ、神託の神として信仰された。

その姿は白色の身色で額に第三眼のある三目の一面二臂、黄金の馬に乗り、右手で剣を高く振り上げ、左手は脇に幡のついた長槍を挟みながら宝を持った盆を持ち、頭に白色の螺貝を戴くもの。このことから「ツァンパ・トゥンギ・トルツクチェン(Tshangs pa dung gi thor tshugs can, Tsangpa dungi tortsukchen)="螺貝の頂髻をもつツァンパ"」という名でも呼ばれる。

関連項目

キーワード

この項目のリッチレイアウト

ツァンパ

ソーシャルリンク