剣根命

つるぎねのみこと

地域・カテゴリ

説明

「日本書紀」、「先代旧事本紀」、「新撰姓氏録」に見える神。同訓で「劔根命」とも書く。日本書紀では「劒根(つるぎね)」の名で登場し、先代旧事本紀では別名を「葛木土神剣根命(かつらぎのつちのかみつるぎねのみこと)」という。初代の葛城国造とされる。高魂命(たかみむすひのみこと→高御産巣日神)、あるいは天押立命(あめのおしたちのみこと)の子孫とされ、孝安天皇の曽祖父にあたり、「賀奈良知姫(かならちひめ)」という子神がいる。名義は不詳だが「葛城/葛木(かつらぎ)」からの転訛ないし連想とも考えられる。奈良県葛城市葛木にある「葛城御県神社(かつらぎみあがたじんじゃ)」、大阪府堺市中区にある「陶荒田神社(すえあらたじんじゃ)」などに祭神として祀られる。

この項目のリッチレイアウト

剣根命

ソーシャルリンク