豊受大神

とようけのおおかみ

地域・カテゴリ

説明

名前の「豊(とよ)」は美称、「受(うけ)」は「食(け)」と同じで食物の意)。和久産巣日神の子で、伊勢神宮の外宮にまつられる穀物の神。「古事記」には「登由宇気神(とようけのかみ)」を指して「こは外宮(とつみや)の度相(わたらい)に坐す神ぞ」を記されているが、これは豊受大神のことである。豊宇気毘売神と同一神と考えられ、ひいては宇迦之御魂神とも同一神、或いは同意の神だと考えられる。宇迦之御魂神の代わりに豊受大神を祭神として祀る稲荷神社も多い(参照:稲荷神)。

関連項目

キーワード

この項目のリッチレイアウト

豊受大神

ソーシャルリンク