戸山津見神

とやまつみのかみ

地域・カテゴリ

説明

日本記紀神話に登場する山神。「古事記」にだけ見え、「日本書紀」には登場しない。伊邪那岐命火之迦具土神を斬ったときに、火之迦具土神の斬られた体のうち、右足から生まれたとされる。「戸山(とやま)」は「外山(とやま)」のことで端の山を表し奥山津見神の「奥山(おくやま)」と対応していると考えられる。

この項目のリッチレイアウト

戸山津見神

ソーシャルリンク