饕餮(とうてつ)

Tao-tie

地域・カテゴリ

説明

中国神話において四凶と呼ばれ恐れられていた四匹の怪物の一。名前は「大食漢」といった意味をもつ。人の頭に羊の身体を持ち、二本の角をもち、全身は毛で覆われていて虎のような牙を持っていた。一説には巨大な胃袋をもつ二つに分かれた下半身をもっていたとされる。この饕餮は中国の西南方の荒野で育ったとされる野蛮な怪物で、ものすごい食欲で何でも喰い、自分は働かずに他人のものを奪い取り、強いものには媚びを売り、弱いものはいじめるという。古代の帝王であった縉雲氏の子孫で、舜帝によって西方に追放されたという。饕餮は貪欲と性欲の象徴であり、贅沢に溺れることを警告する意味でその姿を鐘や鼎、酒器に描かれた。

キーワード

この項目のリッチレイアウト

饕餮(とうてつ)

ソーシャルリンク