トール

þórr, Thor

地域・カテゴリ

説明

北欧神話においてアサ神族に属する雷神にして戦神、強力無双の神。名前も「雷」を意味する。結婚と農作物の実りを守護する神でもある。一般的に主神オーディンヨルズとの間に出来た子供であるとされている。顔一面を赤い髭が覆っているため「赤ひげ」と称されることもある。すべてを粉砕する魔法の槌「ミョルニル」とその柄を握るための鉄の手袋、締めれば全身の力が倍加するという腹帯を所有している。姦計の神ロキと仲が良く、よく二人で旅に出かける。その時はたいていロキをベルトにぶら下げて歩いた。他のアサ神族の神のように馬には乗らず、徒歩か或いは雄山羊タングノストタングリスニルの牽く戦車に乗って出かけた。

豪腕を頼みとする性格なので鋭敏さや賢さにかけ、単純で愚直な神であり、いきなり怒ったりすぐ機嫌が直ったりする。また大食漢で大酒呑みでもあるという奔放な人間らしい性格から、古代ゲルマンの数多くの農民や戦士に愛され信仰を集めた。巨人族との最終的な戦いである「ラグナロク」においては、世界蛇「ミズガルズオルム」と相打ちになり死ぬと予言されている。

関連項目

キーワード

この項目のリッチレイアウト

トール

ソーシャルリンク