鳥石楠船神

とりのいわくすぶねのかみ

地域・カテゴリ

説明

記紀神話に見える神の一柱。「鳥磐櫲樟船」と書かれる事もある。また、「天鳥船(あめのとりぶね)」とも呼ばれる。名前は「楠で作られた岩のように堅固で速く進む船」といった意味で、その名の通り船と海上運輸を司る神だと考えられる。伊邪那岐命伊邪那美命の間に生まれた子神の一人であり、「古事記」において大国主神に国譲りを了承させるために建御雷之男神と共に高天原より地上に遣わされる(「日本書紀」でこの任を担うのは建御雷之男神と経津主神になっている)。しかし、経津主神のように建御雷之男神と並び勇んで戦ったのではなく、建御雷之男神を乗せて移動する役目を負っていたようである。また「日本書紀」において水蛭子が流し捨てられた船の名前も鳥磐櫲樟船となっている。

関連項目

キーワード

この項目のリッチレイアウト

鳥石楠船神

ソーシャルリンク