トナティウ

Tonatiuh

地域・カテゴリ

説明

メソアメリカ中央部における太陽神。クアウートレウアニトル(Cuauhtlehánitl=「天に昇る鷲」)とクアウテモック(Cuauhtémoc=「降りる鷲」)の姿で顕現する。配偶神はヨワルテクートリ。とくにメシーカ・アステカ人(一般にアステカ人といわれるメキシコ盆地に移った最後の部族)にとって、若い戦士としての戦神ウィツィロポチトリと結びついていた。さらにヨワルテウクティン(夜の神々)の3番目として、若々しいトナティウの姿をとるピルツィンテクートリでもあった。サポテカ神話の「コピーチャ(Copijza)」に相当する。

トナティウは生命の供給者であり、神話の中で5回変わった太陽のうち現在天上にある第5の太陽そのものであり、アステカの20ある暦日(センポワリ)の19日目である「キアウィトル(Quiáhuitl=「雨」)」の守護神であり、さらにトナルテウクティン(夜の神々)の4番目でもある。トラルテクートリやウィツィロポチトリと同様に人間の生贄を頻繁に要求する神であり、多くの心臓と血がこの神に捧げられた。

またトナティウ自身もテクシステカトルナナウアツィンの犠牲によって生まれた神である。生まれたトナティウ=第5の太陽はそのままでは動かず、生贄の血を要求した。これをなだめるために神々はケツァルコアトルを呼び、彼の黒曜石のナイフで自分達の心臓を取り出させた。

画像一覧

トナティウ(Tonatiuh)

1901
「テリェリアーノ・レメンシス絵文書(Codex Telleriano-Remensis)」より
ロストック大学図書館(Universitätsbibliothek Rostock)蔵
Copyright: public domain

トナティウ(Tonatiuh)

1898
「ボルギア絵文書(Codex Borgia)」より
ロストック大学図書館(Universitätsbibliothek Rostock)蔵
Copyright: public domain

トナティウ(Tonatiuh)

1898
「ボルギア絵文書(Codex Borgia)」より
ロストック大学図書館(Universitätsbibliothek Rostock)蔵
Copyright: public domain

関連項目

キーワード

この項目のリッチレイアウト

トナティウ

ソーシャルリンク