徳叉迦龍王(とくしゃかりゅうおう)

Takṣaka

地域・カテゴリ

説明

仏教における八大竜王の第五尊。インド神話のナーガラージャであるタクシャカが仏教に取り込まれたもの。「徳叉迦」はサンスクリット名を漢字に音訳したもの。また「多舌(たぜつ)」、「両舌(りょうぜつ)」、「現毒(げんどく)」、「視毒(しどく)」とも呼ばれ、怒って見つめられればその者は命を落としてしまう、といった猛毒を持つとされる。

関連項目

この項目のリッチレイアウト

徳叉迦龍王(とくしゃかりゅうおう)

ソーシャルリンク