ティル

Týr

地域・カテゴリ

説明

もしくは「チュール」。ゲルマン神話におけるアサ神族に属する神。「ティワズ(Tiwaz)」とも呼ばれる。ギリシアのゼウス、インドのディヤウス、ローマのユピテル等と同一語源の神名を持ち、戦争や契約、法、鍛治の守護者として、オーディンと並ぶ最高神とみなされた。巨人ヒュミルの息子、或いはオーディンとフリッグの息子とされ、神々の中でもっとも勇敢な者と称えられた。

神々が冗談めかして(或いはアスガルズを破壊されたため)フェンリルを縛ろうとした際に、ティルはフェンリルを安心させるために片手を担保としてフェンリルの口へ入れたが、神の罠にかかったと知ったフェンリルはティルの腕をそのまま食いちぎった。そのためティルは片腕である。

戦のときにティルに祈るのは大いに幸運をもたらす事で、また剣に戦いのルーン文字(↑)を刻んだ彼の名を唱えれば、戦勝が期待できるという。ラグナロクの際には、ガルムと相打ちになる。

キーワード

この項目のリッチレイアウト

ティル

ソーシャルリンク