テレピヌ

Telepinu

地域・カテゴリ

説明

ヒッタイト神話における豊穣神。「テリピヌ(Telipinu)」とも。元々は中央アナトリアのあった国ハッティの神だがヒッタイトに信仰が受け継がれた。動植物全ての豊穣、繁殖を司る。父親は気象神タルないし嵐の神テシュブとされる。ある日、突然テレピヌが消えるという事件が起きた。あまりに急いでいて長靴を左右履き違えた。すると地上の全ての生命が枯れて、神さえも飢え渇き、火は燃えず、木々は葉を失い大地は焼けただれる、という大変な事態となった。タルは息子が腹を立てて全てのよきものを持ち去って消えてしまったのだと気づいた。神々は総出でテレピヌを捜したがいっこうに見つからない。そこでタルは老女神ハンナハンナに助言を求めた。ハンナハンナによれば、タルその人が自ら労をとってテレピヌを捜さなければ見つからないと述べた。しかしタルはすぐに捜索をあきらめ腰を下ろしてしまうありさまだった。そこでハンナハンナは配下の蜜蜂にテレピヌを探し出し手足を刺して目を覚まさせて連れ帰ってくるように命じた。ついに蜜蜂は野に寝ているテレピヌを見つけ出し、言われた通りにテレピヌを刺した。するとテレピヌは猛烈に怒り狂い、人間や牛や羊を手当たり次第に殺しまわった。結局テレピヌはカムルセパスの唱える魔法の呪文によってやっと怒りを鎮め、鷲の背にのって故郷に帰り、全ては元に戻った。

関連項目

この項目のリッチレイアウト

テレピヌ

ソーシャルリンク