石距

てながだこ

地域・カテゴリ

説明

日本における奇怪な怪物。「石鮔」とも書く。江戸時代に作られた寺島良安による絵入り辞典「和漢三才図会」によれば、姿は蛸と一緒だが、元々は蛇らしく、「蛇が海に入って変じたもの」と説明される。沖縄における蛸に化ける蛇「アカマター」と類似している。また松浦清の随筆「甲子夜話」にも石距の記述が見え、それによれば海に来た蛇の尾が石に触れているうちに裂け、裂けた皮が足になるという。また2mもある蛇が海の中で苦しげに暴れだしたかと思うと胴が膨らんで二つに裂け、さらに裂けつづけて8つ分かれ、石距の姿になるのだという。

画像一覧

石距(てなかたこ)

寺島良安編「和漢三才図会」より
国立国会図書館デジタルコレクション蔵

キーワード

この項目のリッチレイアウト

石距

ソーシャルリンク