帝嚳(ていこく)

Dì-kù

地域・カテゴリ

説明

中国神話において、五帝(→三皇五帝)の一人。顓頊に次いで中国の帝王になった神。「高辛氏(こうしんし)」とも呼ばれる。「史記」の「五帝本紀」によれば、帝嚳黄帝の曾孫とされている。だが一説には東方殷族の最高神であり、後に中国の最高神とされた黄帝にも匹敵する神だったという。殷族の最高神としての帝嚳は「帝俊」と呼ばれ、鳥頭人身あるいは猿の身体で一本足だったとされる。後に五帝の一人となる舜も帝嚳と同一視され、一つの神格が三つに分かれたものだといわれている。

殷族は最終的に周族によって滅ぼされたため、帝嚳自身の神話も少ない。しかし、帝嚳は多くの妻がいて、周族の始祖となる后稷を産んだ姜嫄、殷族の始祖となる契を産んだ簡狄、10個の太陽を生んだ羲和、12個の月を産んだ常羲などは全て帝嚳の妻である。

関連項目

キーワード

この項目のリッチレイアウト

帝嚳(ていこく)

ソーシャルリンク