ターラー

Tārā

地域・カテゴリ

説明

仏教における女性形の菩薩。名前は「救済」、「星」、「瞳孔」などを意味する。アヴァローキテーシュヴァラのシャクティであり、その女性的側面を担う。アヴァローキテーシュヴァラの仕事を助けるためにその涙の一滴から生まれた、あるいはアヴァローキテーシュヴァラの目から輝き出る青い光線の中から生まれたとされる。このような出生からターラーはアヴァローキテーシュヴァラの救済から漏れた衆生をも救う、絶大な救済力を持つ尊格とされるようになった。ターラーはチベットではドゥルマ、日本・中国では多羅菩薩の名で知られる。

関連項目

キーワード

この項目のリッチレイアウト

ターラー

ソーシャルリンク