タンガロア・ファイ・アリキ

Tangaroa-whai-ariki

地域・カテゴリ

説明

ニュージーランドのマオリ神話において、ギ・ヌイパパ・ツ・ア・ヌクの間に生まれた六柱神の一人で海とあらゆる海の生き物を司る。単に「タンガロア(Tangaroa)」と呼ぶ場合もある。またハウミア・チケチケ(そびえ立つハウミア)との対比で「タンガロア・ハカハカ(Tangaroa-hakahaka)=低く這うタンガロア」と呼ばれる場合もある。子供にプンガ、孫に爬虫類の祖先であるトゥ=テ=ウェイウェイと魚の祖先であるイカ・テレがいる。タフィリ・マテアツ・マタウェが対立したとき、タンガロア・ファイ・アリキは海に逃げた。このことは後にタンガロア・ファイ・アリキとタネ・マフタ及びツ・マタウェガとの対立に発展し、タネ・マフタはツ・マタウェガの子供たちに網や船を与えて魚(タンガロア・ファイ・アリキの子供たち)を取るように教え、タンガロア・ファイ・アリキは津波で大地を侵食し、カヌーを転覆させて仕返しした。

キーワード

この項目のリッチレイアウト

タンガロア・ファイ・アリキ

ソーシャルリンク