高御産巣日神

たかみむすひのかみ

地域・カテゴリ

説明

日本神話において、天地の初めに天之御中主神神産巣日神とともに高天原に現れた造化三神の一柱。「高皇産霊尊(たかみむすひのみこと)」、「高木神(たかぎのかみ)」、「高天彦神(たかまひこのかみ)」などの別称がある。独神でありながらも単独で𣑥幡千千姫思金神を生んだ。高御産巣日神を男性的な神格、神産巣日神を母性的な神格とする対の男女の産霊の神とされる。本来農耕、生産に深く関係している神で、また「天地を鎔造した」ことから金属に関わる文化も司る。天孫降臨、国譲り、神武東征などの場面にしばしば登場し、政略的な力を発揮する、天照大御神とともに高天原の司令官として祭事、政治、軍事を司る。そのため、交渉を成功させる、人間関係を発展させるなどの神徳もあると考えられている。

関連項目

この項目のリッチレイアウト

高御産巣日神

ソーシャルリンク