高比売命

たかひめのみこと

地域・カテゴリ

説明

日本記紀神話に登場する女神。「古事記」では「高比売命」、あるいは「下光比売命(したてるひめのみこと)」と表記され、大国主神多紀理毘売命との間に生まれた、阿遅鉏高日子根神の妹として記載される。「日本書紀」では、「高姫(たかひめ)」、「下照姫(したてるひめ)」、「稚国玉(わかくにたま)」と表記され、やはり大国主神の子神とされている。国津神であり、地上を平定するために高天原から葦原中国(あしはらなかつくに)に遣わされた、天若日子の妻となった。

この項目のリッチレイアウト

高比売命

ソーシャルリンク