太乙救苦天尊(たいおつきゅうくてんそん)

Tài-yǐ jiù-kǔ tiān-zūn

地域・カテゴリ

説明

中国道教において、生前の罪のために地獄に堕ちた人々全てを救うとされる神。「道教霊験記」によれば、火炎と神光に包まれており、口から火炎を吐く九頭の獅子の支える蓮華座に座っているという。高位の神であり、周囲に数多くの真人、力士、金剛神王などを従えている。太乙救苦天尊信仰は特に台湾で盛んで、誰かが原因不明の病気になった場合、これは地獄に堕ちた死者からのメッセージだと解釈され、太乙救苦天尊に救いを求める儀式を行う。これにより死者は地獄から救出され遺族の病気も治ると考えられている。この仏教の影響を多分に受けたと思われる神格は、地蔵菩薩観音菩薩の神格が取り入れられたものだと考えられる。

キーワード

この項目のリッチレイアウト

太乙救苦天尊(たいおつきゅうくてんそん)

ソーシャルリンク