タフィリ・マテア

Tawhiri-matea, Tāwhiri-mātea

地域・カテゴリ

説明

もしくは「ターフィリ・マーテア」。ニュージーランドのマオリ族の神話に登場する、ギ・ヌイパパ・ツ・ア・ヌクの間に生まれた六柱神の一人。名前は「求めに応じて渦巻く」というった意味。雨や雹、雪、嵐などをもたらす、雲を司る神とされる。六柱神は密着して離れない天空(=ラギ・ヌイ)と大地(=パパ・ツ・ア・ヌク)の間に隙間を作ろうとしていたが、これに一人反抗したのがタフィリ・マテアだった。タフィリ・マテアは父であるラギ・ヌイの味方につき、嵐を起こして兄弟たちを攻撃しだした。この矢面にたったのがツ・マタウェで、この二神の闘争は長期にわたり、地上を襲った洪水の原因にもなったとされている。

関連項目

キーワード

この項目のリッチレイアウト

タフィリ・マテア

ソーシャルリンク