精螻蛄

しょうけら

地域・カテゴリ

説明

日本において、庚申待(こうしんまち)の夜に、人々が行事の規則を守っているかどうかを見回ると言われる妖怪。庚申待とは三尸の難をよけるために帝釈天、青面金剛、または猨田毘古神を徹夜で祀るもの。鳥山石燕の「画図百鬼夜行」では、人々が規則を守っているかどうか、屋根の天窓から覗き込んでいる精螻蛄の姿が描かれている。その姿は逞しいのものであり、手の指は3本で鉤爪が生えている。規則を守ればこの鬼に罰を与えられると信じられた。

画像一覧

天窻の笑囅(ひきまどのせうけら)

一寿斎芳員画「百種怪談妖物雙六」より
国立国会図書館蔵
Copyright : public domain

関連項目

キーワード

この項目のリッチレイアウト

精螻蛄

ソーシャルリンク