請召童子(しょうじょうどうじ)

Ākarṣaṇī

地域・カテゴリ

説明

仏教において文殊菩薩の眷属とされる文殊八大童子、文殊五使者の一尊。「しょうちょうどうじ」とも読む。サンスクリット名を「アーカルシャニー(Ākarṣaṇī)="誘う"、"引っ張る"の意」といい、「請召童子」のほか「召請童子(じょうしょうどうじ)」、「鉤召童子(こうちょうどうじ)」、「鉤召使者(こうちょうししゃ)」とも漢訳される。また音写では「阿羯羅沙尼(あからしゃに)」、と称する。衆生を菩提道に召請する徳を司る仏尊であり、胎蔵界曼荼羅では文殊院の南(右)第五位に配される。

この項目のリッチレイアウト

請召童子(しょうじょうどうじ)

ソーシャルリンク