須佐之男命

すさのおのみこと

地域・カテゴリ

説明

日本において記紀・風土記などに見える英雄神。同訓で「素戔嗚尊」とも書かれる。また「建速須佐之男命(たけはやすさのおのみこと)」、「速須佐之男命(はやすさのおのみこと)」、「神素戔嗚尊(かむすさのおのみこと)」などの別称をもつ。伊邪那岐命伊邪那美命の息子であり、天照大御神月読命と並んで「三貴神」と称される。その凶暴さによって高天原を追放され、出雲に下った。八岐大蛇を退治し、櫛名田比売と結婚して宮を営んだ。後に子とともに新羅に渡り、わが国に植林法を伝えたという。暴風神・農業神・英雄神など多面的な神とされる。

天照大御神との誓約(うけい)により多紀理毘売命市寸島比売命多岐都比売命(いわゆる宗方三女神)を産んだ他、櫛名田比売との間に八嶋士奴美神(やしまじぬみのかみ)、神大市比売との間に大年神宇迦之御魂神をもうけている。

関連項目

この項目のリッチレイアウト

須佐之男命

ソーシャルリンク