スカジ

Skaði, Skadi

地域・カテゴリ

説明

あるいは「スカディ」。北欧神話において、巨人族の出身だが、アサ神族の一員とされた女神。「スカデ(Skade)」とも呼ばれる。その名前は「傷つける者」ないし「冬」を意味するが、「神々の麗しい花嫁」とも称される。巨人族のカーリ、あるいはその息子シアチの娘とされる。ヴァナ神族のニョルズの嫁となるが、スキーを履き、弓を携えて山中を駆け回ることを好むスカジと、港の守護神であるニョルズの結婚生活は上手くいかず、結局スカジはシアチと住んでいた山中の宮殿「スリュムヘイム(Thrymheim)」へと帰るが、結局オーディンの妻となる。

関連項目

キーワード

この項目のリッチレイアウト

スカジ

ソーシャルリンク