ソロネ

Throne

地域・カテゴリ

説明

ユダヤ教・キリスト教における天使の9階級のうちの第3階級。「オファニム(オファン)」とも呼ばれる。複数形で「トロウンズ(Thrones)」、日本では「座天使」と訳される。「ガルガリン(車輪、瞳の意)」とも呼ばれる。「神の玉座を運ぶ尊厳と正義の天使」、「意思の支配者」とされる。「火車」をシンボルとするが、彼ら自体もまた緑柱石のような色で輝き、炎と燃え多くの眼を持つ車輪の姿をしているともされる。「旧約聖書」中の「エゼキセル書」においてはケルブと混同した記述がされているが、ケルブに付き従う足元にある車輪がソロネだと考えられる。

セラフ、ケルブ、ソロネの上級三階級の役目は非常に似通っており、並んで記述されることが多かった。後世の神学者たちはケルブは神の玉座を運ぶ者達、ソロネは戦車などの実戦おいて活躍する者達と分けて分類した。ソロネの指揮官はヤフキエル(Japhkiel)、あるいはラファエルとされている。

関連項目

キーワード

参考文献

  • 12天使
    • 著者:真野隆也
    • 発行者:高松謙二
    • 発行所:株式会社新紀元社
  • 13天使辞典 (原題:A Dictionary of Angels -including the fallen angels-)
    • 著者:Gustav Davidson(グスタフ=デイヴィッドスン)
    • 発行者:矢部敬一
    • 発行所:株式会社創元社

この項目のリッチレイアウト

ソロネ

ソーシャルリンク