ソカリス

Sekar, Sokar

地域・カテゴリ

説明

エジプトにおいて死や冥界と関連する神の一人でハヤブサの神。「ソカル」とも、また「セケル(skr)」とも呼ばれる。通常の人間の姿か、或いは隼の頭を持った男性の姿で描かれる。頭上には牡牛の角の上にアテフ冠をつけている。葬祭の神でありまた地下世界(ケトニアン)の神ともされる。このために冥界神オシリスと同一視されることも多い。ソカリスは死者の保護する役割を担っており、特に死んだ王に清めをする「開口」の儀式を行って、再び五感が働くようにしてくれるという。古い神であるため親が誰なのかなどの素性ははっきりせず、本来伴侶もいなかったが、後にソカレトというソカリスの女性形を伴侶とするようになった。また新王国以降になるとオシリスの妹ネフティスが妻とされるようになった。

ソカリスの信仰の中心はメンフィスのネクロポリス(墓地)であるロ=セタウなので、「ロ=セタウの住人」と呼ばれることもある。このためメンフィスの名工の神であるプターと同一視されることもあった。地下世界にあるソカリスの領域ではネヘブカウが待ち構えており、罪を宣告された人の魂を貪り食っている。そこは砂漠のような不毛の土地で洞窟があるという。

関連項目

キーワード

この項目のリッチレイアウト

ソカリス

ソーシャルリンク