シワコアトル

Cihuacóatl

地域・カテゴリ

説明

アステカにおいて、特に西の方角と関わる地母神。名前は「蛇の女」を意味する。シワコアトルの善なる性格を象徴する化身であるトナンツィンは、人類の母であり、またシワコアトルの化身の一つとされるコアトリクエは、戦神ウィツィロポチトリの母であり最高地母神とされる。人類の創世神話においては、テスカトリポカが地下世界ミクトランから持ち帰った第4の太陽の時代の人類の骨を粉状にひき潰したのがシワコアトルで、この骨は特別な粘土性の壷に収められ、神々の血と混ぜられ、この練り粉から今の人類が作られたという。

関連項目

キーワード

この項目のリッチレイアウト

シワコアトル

ソーシャルリンク