指徳童子

しとくどうじ

地域・カテゴリ

説明

仏教において不動明王の眷属である八大童子の一尊。「忠徳(ちゅうとく)」とも称する。「八大童子秘要法品」に拠れば、羯磨部より生じ、前三部(金剛部、宝部、蓮華部)の徳を指し、果を得るが故に指徳童子という。夜叉に似た姿で三目で甲冑を纏い、右手に三叉鋒、左手に羯磨金剛を持った姿で表される。

画像一覧

指徳童子

国訳秘密儀軌編纂局 編
「新纂仏像図鑑 地之巻」より
国立国会図書館蔵
Copyright: public domain

キーワード

この項目のリッチレイアウト

指徳童子

ソーシャルリンク