白日別

しらひわけ

地域・カテゴリ

説明

記紀神話における地霊。伊邪那岐命伊邪那美命による国産みの際生まれた14島の4番目で大八島に属する筑紫島のうち、筑紫国(つくしのくに)つまり現在の福岡県辺りを神格化した存在。神名の「白日(しらひ)」は恐らく「白く輝く太陽」といった意味だろうが、筑紫国に何故この神名を当てたかは不明。

この項目のリッチレイアウト

白日別

ソーシャルリンク