シンジェ

gShin rje, Shinjé

地域・カテゴリ

説明

チベット仏教におけるヤマ(=閻魔)であり、怒りの執行者「ダクシェ」の一員とされる護法尊。「シンジェ」は「死の王」を意味し、他に「チョギェル(Chos rgyal, Chögyel="法王"の意)」、或いは「シンジェチョギェル(gShin rje chos rgyal, Shinjé chögyel)」とも呼ばれる。シンジェは主に「チョギェル・チドゥプ(Chos rgyal phyi sgrub, Chögyel chidrup="外成就法王")」、「チョギェル・ナンドゥプ(Chos rgyal nang sgrub, Chögyel nangdrup="内成就法王")」、「チョギェル・サンドゥプ(Chos rgyal gsang sgrub, Chögyel sangdrup="秘密成就法王")」三種類の姿で信仰されている。

「チョギェル・チドゥプ(外成就法王)」は人間を踏み敷いた水牛の背の上で立ち上がった一面二臂、青黒色の身色、角を生やした水牛の頭で、男根を勃起させ、傍らに妹で妻でもある「シンジェイシンモ(gShin rje'i sring mo, Shinjé singmo)」を配す。この二尊は裸で描かれ、ヤブユム像をとることもある。

「チョギェル・ナンドゥプ(内成就法王)」は死体の上に立ち上がった一面二臂、青黒色の身色、三目の羅刹の顔で、右手にカルトリ(曲刀)を、左手にカパーラ(髑髏杯)を持った姿で描かれる。「チョギェル・サンドゥプ(秘密成就法王)」は水牛の背に乗り水牛の頭を持つ一面二臂、赤い身色で描かれる。

関連項目

キーワード

この項目のリッチレイアウト

シンジェ

ソーシャルリンク